産休、育休に関してのQ&A



産休


Q. 産休とは?
A. 産前休業と産後休業を合わせて「産休」と言います。働く女性が出産の準備をする期間と産後に体力を回復するための期間で、労働基準法第65条に基づきます。

Q. 産休中にお金はもらえる?
A. 産休中にもらえるのは「出産手当金」というもので、一般的には産休手当とも呼ばれます。
対象休暇1日につき、給与(標準報酬日額)の約3分の2が支給されます。支給されるタイミングは、一般的には産休後の1回となります。(状況に応じ複数回に分けて申請可)

Q. 産休できる期間は?
A. 産前休業:出産予定日の6週間前(双子以上の場合は14週間前)から
産後休業:出産の翌日から8週間は就業不可
なお、産前休暇は本人の希望により取得できるもののため、希望しなければ休まず働くこともできます。また、産後6週間後で本人が請求し、医師が認めた場合は就業可能となっています。休業中の給付金は加入している健康保険組合から出ます。
※出産日は産前休業に含まれます

Q. 産休を取得できない場合もあるの?
A. 産休は誰でも取得できます。

Q. 出産後の勤務時間は?
A. 一定の条件を満たす3歳未満の子どもを育てる労働者のために、短時間勤務制度(1日原則として6時間)が定められています。

Q. 出産手当金は?
A. 社会保険に加入している場合、産前は最大で42日間、産後は最大で56日間、給与(社会保険の標準報酬日額)の2/3が支給されます。

Q. 出産予定日より遅れて出産した場合、出産手当金の支給期間はどうなりますか?
A. 遅れた期間についても支給対象となります。
(支給期間:出産予定日前42日+出産予定日から遅れた出産日までの日数+産後56日)




育休


Q. 育休とは?
A. 労働者が1歳に満たない子を養育するためにする休業のことで、原則は子が1歳までですが、保育所に入所できなかった場合などは、最長1歳6ヶ月まで育児休業を延長できます。育児休業の申し出は、休業開始予定日の1ヶ月前まで行う必要があります。「育休」は男女ともに取得できます。

Q. 育休中にお金はもらえる?
A. 育休中の給付金は「育児休業給付金」といい、雇用保険から2ヶ月毎に、2ヶ月分の金額がまとめて支給されます。金額は育休開始から半年は休業開始時の賃金の67%、それ以降は50%となっています。2ヶ月分まとめての申請となるので、1回目の給付金支給は育休開始から2ヶ月経った頃が目安です。

Q. 育休できる期間は?
A. 産後休業が終わってから、子供が1歳になるまでの期間で取得できます。保育所に入所できなかった場合などは、最長1歳6ヶ月まで育児休業を延長できます。

Q. 育休を取得できない場合もあるの?
A. 育休は、雇用された期間が1年未満、1年以内に雇用関係が終了する、週の所定労働日数が2日以下の場合は取得できません。上記と日々雇用される方は育児休業を取得できません。

Q. 育休中の社会保険料は?
A. 会社が年金事務所又は健康保険組合に申出をすることによって 、育児休業等をしている間の社会保険料が被保険者本人負担分及び会社負担分ともに免除されます。






PAGE TOP

トップページ | 定額制デザインジェル | 今月のイチオシ | サロン一覧 | サロンメニュー | ネイルQ&A | ネイリスト求人 


Copyright(c) rednails co.,LTD All rights reserved.

l>